• brbjhp

あなたにとって ボートディーラー選びとは?


「修理パーツがない、

ボートショップがパーツを

入れてくれない、

入れられない」

「ありえない修理見積もり金額」

「修理対応してくれない」

「該当する美ボートの修理経験がなく、

修理を断られた」

「あれ?私の乗っている

ボートの取り扱い、

やめちゃったんですか?」

↑これら

非常に日常茶判事な出来事。

そこで、、、

ボートオーナーのあなた!

あなたも実際に

上記の経験、

されたこと、

ありませんか?

この類の話って、、、

例え、今はなくても、

これから先、

あなたに

十分降りかかるであろう、

いや、

降りかかってしまうような

お話です。

他人事ではない話なのです。

せっかく、

ボートショップを信じて

バスボートを購入したのに。

ボートショップが

そのボートの取り扱いをやめて、

または、

やめざるおえない状況に

なってしまって、

アフターフォローを

受けれなくなっている

オーナー様って、、、

実は、

沢山いらっしゃいます。

そこで今回、なぜ、

Ranger Boats Japan/

バスボートジャパンが、

「Ranger Boats Japan」なのか、

ストレスフリーの

バスボートフィッシングを

あなたに送って頂きたいが為に

この記事を書くこととしました。

知っていらっしゃる方は、

多いことと思いますが、

実はRanger Boatsを

29年に渡って

販売してきた、

バスアングラーショップ・POPEYE。

静かに29年の幕を 

閉じました。

この間、

販売してきた

バスボートの総数、

「約1700艇」。

これって、

すごい数字ではないですか?

1700艇ですよ。

この1700艇の販売で、

培ったサポート体制。

しっかりと引き継いだのが、

浅野大和。

彼がPOPEYE品質を

引き継いたお陰で、

これからも、

Rangerボートの

サポート体制は進化続けます。 

しかも、

米国のRanger Boatsを

日本に送り出してくれる側。  浅野の

Ranger Boats Japanへの

サポート体制が

「半端ではない」レベル。 対応も、

当たり前に迅速。 本国からのサポートがそうだから、

あなたは末長く、  Ranger Boatsに

乗り続けてください。

なにより、

とにかく、 浅野の

これでもかというくらいの

ボートに対する拘り、

オーナー様への思い。

どうです? 

週末ショールームに

遊びに来ませんか? ではなくて、、、 是非、  

遊びに来てください。  


9回の閲覧