エレキが大変なことに、、、


ミンコタ フォルトレックスの修理

このエレキは

琵琶湖の有名プロガイドからのご依頼

修理でお預かりしている間は

当社のスペアエレキを使用して

湖上に出られています。

まずプロペラを外して見ると

ごっそりと釣り糸やウィードが出てきました。

ここまでゴミを溜め込んだエレキは

滅多に見たことがありません。笑

普段からの

自己メンテナンスが必要な箇所ですね。

さらにベアリングを外してみると

なんとベアリングが

摩耗してなくなっています。

そして悲しいことに

カーボンシャフトに溝が

ベアリングが摩耗していく過程で

一緒に削れてしまったようです。

これも日頃からのグリスアップと

点検で防げた故障です。 さらに悪いことに

この削れた溝から

水がエレキの内部に侵入し

溜まっていました。

こう書いてしまうと、簡単に思えてきますが

実際、釣りに行くと

なかなか自分でメンテナンスすることは

難しいです。

特に毎日湖上に出ている

ガイドさんなら尚更の事ですね。

ちなみにバスボートジャパンでやっている

冬季点検には

バッチリこの項目も入っています。

これから始まるオフシーズンの間に

ぜひご利用ください。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square